看護師

新卒ナースが大成功する就職活動方法とは?

 

 

看護学校を卒業してどこに就職するかって悩みますよね。

看護師はどこも人手不足ですし引く手数多な職業だし就職できればどこでもいいやなんて考えてないですか?

看護師としての就職先はきれないほどありますが、その分職場の当たり外れはとても多いと思います。

 

 

 

同級生の半数以上は母校である大学病院へそのまま就職しました。

しかしわたしは看護大学卒業後、外部の三次救急の一般病棟へ新卒で就職しました。

これが大成功でした!!!

 

どうやって就職先を選んだの?

 

そんな悩む看護学生に向けて、成功を元に私が実際に行った新卒での就職先探し・選びをご紹介します。

 

 

 

1.新卒1年目で何を得たい?

 

新卒1年目は分からないことばかりで日々新しいことを学ぶことになります。

そのため自分が少しでも興味があることでないと働くことが苦痛になります。

そのためまず、就職先で何を得たいかを考えます。

 

例えば、集中治療室や救命救急室などでの経験や知識を得たい。

美容クリニックの知識を身につけたい。

とりあえず基礎看護技術を身につけたい。

など自分が第一優先で得たいものを考えてみてください。

 

 

数年後の理想の自分と1年後の理想の自分をできるだけ明確にイメージします。

理想の自分になるにはどうなことを就職先に求めますか?

そうすると、急性期病院・慢性期病院・専門分野の病院・美容クリニック・高齢者施設・訪問看護ステーション・障害者施設などがざっくりと見えてきます。

もっと具体的に考えられた方は、それを条件にしてもいいと思います。

 

2.就職先がある場所は?

 

どこに就職してもしんどい時期は絶対やってくると思います。生活の拠点から就職先が遠いとなると、通勤時間ほど億劫なものはありません。

残業や夜勤があると疲れるため、通勤中の事故などのリスクも高くなります。また前残業がほぼ強制的な病院もあるため遠いと朝がキツいです。

また通勤に片道1時間以上かけることは幸福度が低下するという研究データもあるようです。

そのため就職した際の自分の生活の拠点を考えます。

 

実家から通うのか、就職先の近くに一人暮らしをするのか、住みたい街に住むのか•••など。

電車通勤を検討している方は駅から徒歩何分以内という条件考えてもいいかもしれません。

大きな病院なら寮などがある病院も多いので、一人暮らしに不安がある方は寮がある病院を条件にしても良いかもしれません。

 

3.上記1.2に当てはまる就職先をリストアップする

とりあえず上記で説明した就職先をリストアップします。

リストアップをするときに一緒に看護師の募集要項もリストアップしてください。

就職先が求めている条件に自分が当てはまらないければ意味がないのでどんな看護師を求めているかを知ることも大切です。

 

4.リストアップしたら比較する

 

リストアップした就職先をいろんな角度で比較します。

給料は?勤務体制は?離職率は?教育体制は?福利厚生は?見学に行ってみた雰囲気は?実際に働いている人の意見は?患者さんからの評判は?

できる限り情報収集を行い、自分の条件から外れたものを消していきます。

 

残った中からさらに比較し優先順位を決めます。

 

 

5.いざ面接へ

 

優先順位を決めたらあとは応募し入職試験を頑張るだけ!

ここまで調べると就職先のいいところが見えてきて就職したい理由や就職先に自分が貢献できることなどが自然に浮かんでくるのではないでしょうか?

面接対策をしてあとは結果をいいご縁を期待しましょう!

 

 

最後に

いかがだったでしょうか?

 

 

ここまでやれば大きな失敗をする可能性は格段に下がります。

看護師は新卒からしっかり就職活動をするイメージがないかもしれませんし、専門学校の学生だと時間的なゆとりがないかもしれません。

就職できればどこでもいいやって思っている方も少なくないかもしれません。

 

しかし、この就職活動の数ヶ月をやるかやらないかで就職後人生大きく変わるといっても過言ではありません。

 

実際に就職活動せずに就職した友人は、日付が変わるまで残業をしたり、お局看護師から嫌がらせをされたりしている話をよく聞きます。

 

 

脅しではありませんが、まだそういった就職先はあります。

皆さんが就職先に失敗しないように少しでもお役に立てれば幸いです!

 

 

-看護師